ランキング

↓ クリックお願いします 人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング【くつろぐ】

おきてがみ

おきてがみ


いつもありがとうございます!

ポイントサイト

↓ 登録してみませんか モッピー | お金がたまるポイントサイト 無料で貴方に継続的な収入を!完全無料のポイントサイト!PointShop iMiアンケートモニターに入会
フルーツメール
お得なポイント貯まる!ECナビ ポイント ちょびリッチ

リンク

プロフィール

あんでぃ3876

Author:あんでぃ3876
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

えこエコecology

えこ、省エネ、CO2削減、地球温暖化防止やニュースなことを書いてます

スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:--
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --   編集

算数が得意な子の脳は、どこが違うのか?

2013/02/16 [Sat]21:34
category: ニュース
スラスラと問題が解ける子の脳の中は、いつまでたっても答えが出ない子とどう違うのか。「解ける子の脳」になるための秘訣を、脳のスペシャリストに聞いた。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130216-00000001-pfamily-soci

数学は訓練すれば誰にでも解けるようになるそうです。

スラスラ問題が解けるかどうかは脳にあるようです。
脳の中の回路が形成されていることが必要です。



「回路を繰り返し使うことでパイプが太くなると、一気に多くの情報処理が可能になり、集中して問題を解くことができます」とのことなので、何度も繰り返すことが大切です。

そして、「脳は、ある回路を通って心地よいと感じたら、う一度同じ回路を通ろうとします。でも、嫌だと思ったら二度と同じ道を通りたがらないんです」とのことなので、嫌だと思わせないような状況も必要なようです。
勉強を嫌にならないように続けさせるのはとても難しいのですが、上手にほめることが必要でしょう。

「問題を間違えた場合、自分がどこで誤ったかというプロセスを計算式の中で確認できる。それを認められる子は、どんどん成長していける。」そうなので、間違ったところをしっかりとやりなおして、理解することです。

こうして、経験、特に成功体験することで脳の中の回路を作り、太くするので、何度も解いて、褒められる。
これで数学が得意な子の完成です。
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://ecoecoecology.blog115.fc2.com/tb.php/1398-96d4bcd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。