ランキング

↓ クリックお願いします 人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング【くつろぐ】

おきてがみ

おきてがみ


いつもありがとうございます!

ポイントサイト

↓ 登録してみませんか モッピー | お金がたまるポイントサイト 無料で貴方に継続的な収入を!完全無料のポイントサイト!PointShop iMiアンケートモニターに入会
フルーツメール
お得なポイント貯まる!ECナビ ポイント ちょびリッチ

リンク

プロフィール

あんでぃ3876

Author:あんでぃ3876
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

えこエコecology

えこ、省エネ、CO2削減、地球温暖化防止やニュースなことを書いてます

スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:--
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --   編集

「世界の工場」中国の次 浮上する黄金の三角地帯

2012/09/23 [Sun]21:10
category: ニュース
 「ゴールデン・トライアングル(黄金の三角地帯)」と聞いてピンと来る人は30歳代以下では少ないだろう。インドシナ半島の奥深く、タイ、ミャンマー、ラオスの3カ国の国境が集まる地域だ。
2006年12月、タイ・ラオス国境に「第2メコン国際橋」が日本の政府開発援助(ODA)などで完成した。この橋は大きな意味を持っていた。ベトナム中部の港湾都市ダナンからラオス、タイを通過してミャンマーの港湾都市、モーラミャインまでを結ぶ全長1450キロの「東西回廊」が第2メコン国際橋によって全通したからだ。東西回廊は南シナ海とインド洋を陸路で結び、アジアの海上交通のボトルネックとなっているマラッカ海峡を迂回し、物流の時間を短縮するきわめて大きな戦略上の意味を持つ。東西回廊の建設にはアジア開発銀行(ADB)とともに日本が大きな役割を果たした。
http://www.nikkei.com/article/DGXZZO46075790S2A910C1000000/

中国は国民性に大きな問題を抱えており、尖閣諸島問題で顕在化しています。
さらに、賃金も高くなってきているため、中国に工場を持つ企業は他の国に帰る検討をすべき時に来ているようです。

この3カ国は候補になると思います。
インフラも整備されているようなので本気で検討してはどうでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://ecoecoecology.blog115.fc2.com/tb.php/1281-d960d62b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。