ランキング

↓ クリックお願いします 人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング【くつろぐ】

おきてがみ

おきてがみ


いつもありがとうございます!

ポイントサイト

↓ 登録してみませんか モッピー | お金がたまるポイントサイト 無料で貴方に継続的な収入を!完全無料のポイントサイト!PointShop iMiアンケートモニターに入会
フルーツメール
お得なポイント貯まる!ECナビ ポイント ちょびリッチ

リンク

プロフィール

あんでぃ3876

Author:あんでぃ3876
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

えこエコecology

えこ、省エネ、CO2削減、地球温暖化防止やニュースなことを書いてます

スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:--
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --   編集

日本は誤った道を歩もうとしているのか? --- 田中 タケシ - アゴラ編集部

2012/08/06 [Mon]20:03
category: ニュース
震災前、日本では原子力立国の計画が取りまとめられ、原子力比率45%の目標も立てられました。エネルギー自給率の低さや地球温暖化対策といった日本を取り巻く問題は震災以降も何も変化していないにもかかわらず、日本は原子力(というよりも放射能)への過剰な拒否感から、国家百年の計の根幹ともなるエネルギー政策をここに来て大きく転換しようとしています。

勿論、震災前までの電力会社、特に東京電力の安全面に対する取り組み姿勢は、今回の事故を引き起こした最大の要因のひとつとして厳しく追及されて当然ですが、それと一国のエネルギー政策とは別の次元だと思います。日本は京都議定書でCO2削減に関して国際的なコミットメントを行ない、低炭素社会の実現に向け国際的なリーダーシップが期待されていたにもかかわらず、被害は甚大でしたが本来は防げた一度の原発事故で、世界のエネルギー政策を大きくミスリードする脱原発の方向に本当に転換すべきなのでしょうか。それほど震災前のエネルギー政策がいい加減なものだったとは思っていません。

福島第一原発は確かに事故を発生させましたが、福島第二原発や他の原発はギリギリながら持ちこたえ冷温停止まで安全に誘導できました。1970年代の旧式の輸入原発の事故を捉えて全てを否定するのは、一時の感情でやむを得ない面はあるにしても、客観的な事実を見ようとしない盲目的な行為だと思います。

エネルギー政策はベストミックスが大切です。原子力を安定した基幹エネルギーと位置付けて、それに新エネルギーや省エネを組み合わせたシナリオを推進しようとしていた矢先に発生した福島の事故をどう捉え、それにどう対処するかは日本人の本当の知恵の見せどころだと思います。単に感情的に反応してしまうのか、もっと先をみた賢明な行動を取ろうとするのか日本人の真価が問われるでしょう。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120806-00000304-agora-bus_all

この記事の通りだと思います。
このまま原発反対派に押し切られたら、日本の未来はありません。
確実に先進国から滑り落ち、貧困国家になるでしょう。
資源のない日本がそうなったら、復活はありえません。

ただ、昭和初期の生活にみんなが耐えられるのなら、それもありかもしれません。
そうすれば、CO2排出量も減るかもしれません。

しかし、そうならないように国を導くのが政治家の務めです。
バランス感覚が大事なんです。
バランスを欠いて何も考えきらない鳩ぽっぽなどはおいといて、しっかりと現実を見て決定してほしいものです。
スポンサーサイト

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://ecoecoecology.blog115.fc2.com/tb.php/1238-a6e8bfac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。